デジタルチラシ作成の方法

チラシと言うと紙媒体の広告チラシをイメージする人も多いものです。
最近のチラシ作成の中には印刷を行う広告チラシだけではなく、インターネットの中での広告に利用されるデジタルチラシ作成を手掛ける制作会社が多くなっています。

デジタルチラシ作成の方法と言うのは、専門的な知識が必要になることからも、チラシ作成を手掛ける専門の会社に依頼すると言うケースが多くなります。
しかし、チラシ作成においての費用と言うのは宣伝費で賄われることになることや、高額な費用を算出出来ない場合などでは、無理をして制作会社に依頼する必要も有りません。

最近は、インターネットの中にあるセルフ作成サービスを利用する事で、専門的な知識などを持たない人でもデジタルチラシの製作が可能になるのです。
但し、チラシを作る上で重要な事は、顧客に対して何をアピールするのと言った事を明確にし、文章を作成したり、素材となる写真やイラストを製作する必要が有ります。

後は、セルフ作成サービスを利用すれば、インターネットの中で閲覧が可能な広告チラシの製作が可能になると言う事なのです。

因みに、セルフ作成サービスを利用する場合には、文書を作成した後に、PDFやJPEGフォーマットの画像ファイルを作成し、サイトにアクセスをした後にアカウントを作成します。
次に、指定のフォームを利用して画像ファイルをアップロードすると自動的にチラシが作成されるので、それをダウンロードした後に、所定のウェブサーバーにアップロードしてあげれば良いのです。

チラシ作成するならカラー?単色?

チラシ作成を行う時、仕上がりがカラーにするのか単色にするのかにより、チラシの宣伝効果も変わります。
写真を掲載する場合などでは、チラシを目にする人に写真を通じて広告宣伝を行えると言うメリットが有り、モノクロよりもカラーにした方が伝えやすさが有ります。
また、写真を特別掲載しないものでも、色を使う事で文章を協調する事が出来るなどのメリットが有るのです。

チラシ作成では、どのような広告を掲載するのかにより、色を使うのが良いのかどうかも決まって来ます。
文字が主体となった場合など、デザインを作り上げる事で一色での印刷物でも十分見る人に広告内容を伝える事が出来ます。
しかし、料理の写真などを入れた場合、一色での印刷物と色を使ったものでは、料理の美味しさを伝える事が出来るかどうかの違いが生じる事になるわけです。

色が付いている事で、料理の美味しさを、チラシを見ている人に伝える事が出来ると言う事です。
例えば、この料理は美味しいと言う表現が記載されているだけのチラシと、写真を使ってフルカラーで印刷したものでは、色が付いている方が見る人にとっては美味しく感じますし、チラシ作成を行う目的でもある、見ている人に的確に広告内容を伝えると言う目的を達成し易くしてくれるのです。

逆に、新装開店などのチラシなどの場合、お店の地図やオープンする日時と言った文字だけで済ませる事が出来るチラシ作成などの場合は、単色でも良いと言ったチラシの宣伝効果や内容により変わるのです。

チラシ作成における解像度について

チラシ作成における解像度について結論から先に述べますと、チラシ作成で画像を載せる場合、原寸で350dpi(dot per inch)が必要とされています。もちろん印刷方法、紙の種類にもよりますので一概には言えませんが300~350dpiが基本といえるでしょう。これはチラシ作成においてとても基本的なことなので、デザイナーは知っておかなくてはなりません。綺麗な印刷物ほど大きな線数と度数が必要になってきます。例外をあげますと、新聞などの粗い紙を使用している場合、120~160dpiでも大丈夫です。度数は低ければ低いほど画像が粗くなり、高ければ画質があがります。ただし度数を高くした場合その分データが重くなるので、web上では72dpi辺りが通常使用されています。
解像度はスクリーン線数とも大きく関係しており、両方の組み合わせで印刷の綺麗さが変わってきます。スクリーン線数を上げれば画質はとても綺麗になりますが、それに見合った用紙を使用しなくては意味がありません。新聞のような粗い紙に対してスクリーン線数を上げてしまうと、余分に印刷されるインクを紙が吸収しきれずに結果的に滲んでしまい、汚くなってしまう場合もあります。スクリーン線数の2倍の数字が必要解像度です。印刷時に使用する用紙によってスクリーン線数は変化させなくてはいけない事を忘れないようにしておきましょう。
以上のことを踏まえてチラシ作成するだけで、見栄えの良い印刷物が出来るはずです。